【2020年最新版】福岡の方におすすめしたい新型出生前診断(NIPT)クリニックを厳選ランキングで紹介します

新型出生前診断を受ける病院の選び方

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/12/08

福岡では新型出生前診断を受けられる病院がいくつかあります。検査費用や検査内容などに違いがあるため、福岡にある病院の中でどこを選んだらよいのか、わからないという方もいらっしゃることでしょう。妊婦さんがより安心して検査を受けられるよう、本記事では新型出生前診断をしてくれる病院の選び方はどうすればよいかについて紹介します。

リスクの少ない非確定検査から始めるという選択肢

出生前に自分のお腹の中の赤ちゃんの健康状態を知りたいと思うのが、子どもを授かった女性の気持ちです。遺伝的に異常があるかどうか、健康な赤ちゃんかどうかをあらかじめ知って、妊娠中の不安を解消したいと思う方も多いのではないでしょうか。

出生前の診断方法には、非確定検査と確定検査というものがあります。非確定検査にはコンバインド検査と呼ばれるものや、母体血清マーカー検査と呼ばれるものがありますが、新型出生前診断はNIPTと呼ばれる血液を調べる検査方法ですので、妊婦の身体に負担をかけずに調べられるというメリットがあるでしょう。一方確定検査は羊水検査や絨毛検査を行うため、赤ちゃんや妊婦の身体にリスクが伴いますし、流産や死産になるリスクがあるため、よほどのことがない限りおすすめできません。

新型出生前診断は、妊婦や赤ちゃんにリスクがないので、出生前に健康かどうか調べるのであればこちらの方がよいといえます。検査の仕方は、妊婦から血液を採取し、赤ちゃんのDNAの断片を調べます。新型出生前診断は先天性疾患の感度が99%と高く、高い確率で染色体の異常を見つけることができますし、血液検査だけで済むということもあり、検査を受ける人の数は年々増加傾向です。福岡市内にもこうした医療機関が増えてきており、できるだけ評判のよい検査機関を選ぶと安心にもつながります。

福岡市内での病院を選ぶにはどうすればよいか

福岡市内で新型出生前診断を受けられる病院を選ぶ際には、認可施設であるか認可外施設であるかを基準にして選ぶ方法があります。では認可施設と認可外施設とではどのような違いがあるのでしょうか。

認可の場合も認可外の場合も、ほとんどが同じ内容の検査を受けることが可能なのですが、認可の場合は出生前診断を受けるための条件が必要です。年齢が35歳以上であることや病院の紹介状が必要であることなどが必要です。そのため、自分が受けたいと思っても受けられないことがあります。しかし遺伝カウンセリングの相談はしっかりと受けられますし、もし陽性反応が出てしまった場合でも、その後のアフターフォローがあるので、安心して病院にかかることができるというメリットがあるでしょう。

認可外の場合は、紹介状や年齢制限などの条件は不要ですので、誰でも検査を希望すれば行うことができるというメリットがあります。しかし、遺伝カウンセリングやその後のフォローがないため、もし陽性反応が出てしまった場合、自分で新たに専門の医療機関に行かなければならないというデメリットもあるので注意しなければなりません。

新型出生前診断では染色体異常の有無を調べることができるため、お腹の赤ちゃんの健康状態をとにかく知りたいという方は、認可外でも充分でしょう。新型出生前診断を行うことによって妊娠中の不安を取り除くことができます。

費用やサービスに差があるので納得がいくまで探そう

認可病院の場合、検査を受けるのにいろいろな条件があり、費用も認可外に比べると高くなる傾向がありますが、もし陽性反応が出てしまった場合、その後のアフターフォローがしっかりとしているというメリットがあります。高齢で出産される方や家族で遺伝に問題がある方がいらっしゃる場合は、認可病院で新型出生前診断を受けられた方がよいです。

福岡市内で病院を選ぶ場合は、こうしたアフターフォローがしっかりとしている病院を納得いくまで探すことをおすすめします。新型出生前診断は、産婦人科で行っている場合は認可外であっても安心して受けられますので、アフターフォローがしっかりしている病院で受けたい場合は、産婦人科で診断してもらった方がよいです。

福岡市内には、長年遺伝カウンセリングを行っている産婦人科もありますので、安心できる病院で検査を受けられた方が精神的にもよいといえるでしょう。検査前の遺伝カウンセリングを行い、万が一陽性反応が出てしまってもアフターフォローがしっかりしていれば、相談して次の対策を一緒に考えることができます

とくに陽性反応が出てしまった場合は、妊婦にとって精神的ダメージが大きくなってしまうので、こうした相談も受けてくれる病院を探すとよいでしょう。陽性判定後に行う確定検査は、羊水検査や絨毛検査を行いるためリスクを伴います。その点でも信頼できる病院を選ぶことは必要不可欠です。

 

福岡市内で新型出生前診断を行う場合は、信頼できる医療機関で行う必要があります。病院を選ぶ際には認可施設と認可外施設がありますが、それぞれの特徴をよく知ったうえで選ぶとよいでしょう。認可施設はいろいろと条件がありますが、その分アフターフォローがしっかりとしています。

おすすめ関連記事

サイト内検索