【2020年最新版】福岡の方におすすめしたい新型出生前診断(NIPT)クリニックを厳選ランキングで紹介します

新型出生前診断の方法は?痛みはある?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/12/08

子どもを授かった人であれば五体満足で健康な赤ちゃんが生まれてくることを願います。それでも、中には先天性の病気を持った子どもが生まれてくることがあります。両親ともに健康であっても同じです。新型出生前診断では、胎児のことを調べることができ、福岡の医療機関でも行われています。一体どのような方法で行うのでしょうか。

新型出生前診断を行うことでわかること

新型出生前診断では赤ちゃんの健康状態について知ることができます。もちろんあらゆる情報が得られるわけではありません。倫理的な観点から、許可されているいくつかの点のみを知ることができるからです。もしすべての情報が得られるとしたら、容易に赤ちゃんを中絶することが起こりえます。いわゆる命の選択です。そのような目的で新型出生前診断は行われていないので、誤解のないように正しい情報を得て臨みましょう。

だれでも元気な赤ちゃんを産みたいと願うに違いありません。新型出生前診断は、赤ちゃんに重大な病気がないかを知ることができます。また事前に知ることは心構えをする助けになるはずです。たとえ病気を持っていても、自分の子どもであることには違いありません。ママやパパにたくさんの喜びを与えてくれます。

福岡でも新型出生前診断を行っている病院はいくつかあるので、評判のよい医療機関で受診することが大切です。子どもは天からの授かりものですから、大事に育てたいと考えるはずですし、子育ては20年近くかかる大仕事でもあります。最初にどんなスタートを切るかで大きく変わってくることでしょう。

実は新型出生前診断はいくつかの種類に分けられています。最初の検査で陽性だった場合にはさらに踏み込んだ検査が必要です。つまり、最初の新型出生前診断で陽性だった場合は羊水の検査などの確定審査を受けなければなりません。

新型出生前診断はどのような方法で行われるか

では、実際に福岡県の医療機関において、新型出生前診断はどのような方法で行われるのでしょうか。検査は血液の採取によって行われます。血液を調べることにより胎児の遺伝子に関する情報が得られるからです。

遺伝子には個人に関するあらゆるデータが書き込まれています。遺伝子の情報を分析すれば、胎児の健康状態がわかります。遺伝子はいわば生命の成分表のようなものです。ひとりひとり違っており、病気の有無だけでなく皮膚の色や髪の色さえわかります。またメリットとして、血液採取だけなので痛みはほぼなく、リスクもありません。

新型出生前診断は血液検査で行いますが、もし胎児に問題があるとわかったら、さらに検査をする必要があります。妊婦さんのお腹から羊水を取り出し検査を行います。羊水は胎児が排出したものが含まれていますから、一層具体的な情報を得ることが可能です。当然ながら羊水検査は希望した場合にのみ行うものです。最初の出生前診断で陽性であったからといって受ける義務はありません。

検査にはある程度のリスクがともなうこともあるので、検査をするかどうかを慎重に考えましょう。診断の中でもとくに胎児の体の一部を採取して行う方法にはリスクが伴います。手の平サイズの小さな体から細胞を取るのですから、傷つけたりビックリさせたりすることも少なくありません。こうした検査は絨毛検査といわれていますが、受けるかどうかは、医師と相談したうえで決断する必要があります。逆に知らない方が、心の準備ができるという場合もあるので、一概に言えないでしょう。

新型出生前診断を行うメリットとは

福岡の産婦人科で新型出生前診断を行うメリットはどのようなものでしょうか。それは、事前に子どもが重大な病気や障害をもっていないかを知ることができるというものです。とはいえ、子どもに病気があるからといって堕胎することは道義的な問題があります。一つの選択肢として法律では許されていますが、家族でよく話し合って、目先のことだけでなく長期的に見て最善の決定を下すことが大切です。

一番よいのは新型出生前診断をして何もなかったということです。安心してマタニティライフを送ることができるでしょう。とはいえ、新型出生前診断によって、あらゆる病気や障害の有無がわかるわけではありません。もちろん医療機関は分析すればわかるでしょう。しかし、その情報がすべて明かされるわけではないので、事前の診断で問題がないなら絶対大丈夫とは断言できないのです。項目以外の病気や障害を持つ子どもが生まれてくる可能性は、少なからずあります。

確かに親になるのは、生まれる前でさえ多くの苦労があります。心配なことや不安なことは山のようにあるでしょう。無事に生まれてくれるか、五体満足かどうかなど、気がかりな点をあげればきりがありません。産むときでさえ命がけで出産するわけですから、本当に母親の仕事や責任は大きいといえます。不安なことを一人で抱え込むのは母体にも影響してしまうので、経験者や専門家に相談することが大事です。

 

元気で健康な赤ちゃんを産みたいと誰もが望むはずです。新型出生前診断により、染色体に異常がないかどうかを知ることができます。福岡でも新型出生前診断を行っている医療機関はいくつかあるので、自分に合った病院を選ぶことをおすすめします。方法としては主に血液採取なので、痛みを心配する必要はないでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索