【2020年最新版】福岡の方におすすめしたい新型出生前診断(NIPT)クリニックを厳選ランキングで紹介します

新型出生前診断の診察時に聞いておきたいこと

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/12/08

福岡県では、新型出生前診断ができる病院がいくつか存在しています。このような病院に通う前には、知っておいた方がよいこともあるでしょう。事前に知識として診断の内容や費用等を頭に入れておけば、安心して診断を受けることができます。では一体どのようなことを聞いたらよいでしょうか。その具体的な内容を説明します。

妊娠何週目から診断が可能になるのか

福岡県で行われている新型出生前診断は、非常に魅力的です。かつてのような羊水検査とは異なり、流産のリスクが非常に少なくなっています。もちろん羊水検査を行う場合でも、流産のリスクはそれほど高いわけではありません。一般的には、0.3%から0.5%程度のリスクといわれています。つまり、1000人の人が検査を受けた場合、流産をする人はその中の3人から5人程度になるわけです。

新型出生前診断の場合は、それ以上に流産のリスクが少なく、1000人に1人もいないといわれています。そのため、もし先天的な病気などが気になる場合には選択肢にいれるのとよいでしょう。とはいえ、いつでも新型出生前診断を受けることができるわけではありません。診察をする場合でも、制限があります。

たとえば、妊娠をしていることがわかった場合でも、8週目にこの診断を受けることはできません。なぜなら、まだ明確な結果が出るほど母体が成熟していないことが理由に挙げられます。逆に25週目を超えてから新型出生前診断を行うのも不可能です。25週目を過ぎてしまうと、出産する以外の選択肢は法で認められなくなります。一般的には、妊娠してから10週目経過したあたりから16週目経過したあたりに検査をするのが妥当といわれていますが、病院によって多少前後することがあります。詳細は事前に確認しておくとよいでしょう。

どれぐらいの費用がかかるかも確認しておく

福岡県で新型出生前診断を受けるときに気になることとして、一体どれぐらいの費用がかかるかということが挙げられます。かかる費用によっては、診断を受けることができない可能性もあるでしょう。

そもそも新型出生前診断自体は、保険が適用されるわけではありません。たとえば、風邪をひいて病院に行く場合は、国が7割ほど金銭的な負担をしてくれます。そのため、多くの患者さんはそれほど医療費をかけずに診察をしてもらうことが可能です。しかし、新型出生前診断の場合には、自由診療となるため国が金銭的な負担をしてくれることはありません。つまり、それだけ自己負担の金額が増えることを意味しています。

具体的にどれぐらいの費用になるかは、病院によって異なるためいくつか病院を比較してみるとよいでしょう。一般的には20万円〜30万円程度となっているケースがほとんどです。それに加えて、どのような内容の診断ができるかも確認しておきたいところです。一般的には、大抵の病院では13と18、そして21番染色体の検査をできます。それに加えて、性別検査も可能になっているケースが多いです。しかし、それ以外の検査をしたい場合にはオプションなどに申し込む必要があります。すべての染色体を調べてもらうこともできますが、もちろんその分かかる費用も増えていきます。

料金の支払い方法や結果が出るまでの期間

金銭的な負担がわかった場合でも、どのような支払い方法があるか事前に確認することをおすすめします。ある程度大きな金額になるため、現金払いだけでなくカード払いを適用している病院も少なくありません。ただ、古い病院の場合には、カード払いなどができない場合もあります。このような場合には、現金で一括払いをすることになるケースがほとんどで、大きなお金を持ち歩かなければいけないため注意が必要です。

カードを所有している人ならば、できるだけカード払いにした方が安心といえるでしょう。またカード払いの場合は、分割にすることもできるため、診断をする段階で充分なお金が用意できていない場合でも安心して検査を受けることができます。

また診断をした後は、結果が出るまでの期間を聞いておくとよいかもしれません。いつ結果が出るかは病院によって異なります。少しでも早い段階で結果が出れば、陽性だった場合でもじっくり考える時間があるわけです。

一般的に25週目を超えてしまうと出産以外法で認められなくなってしまうので、1日でも早く結果を知りたいものです。そのため、できるだけ早く結果が出る病院を選ぶとよいでしょう。一般的には、1週間以内に結果が出るとされていますが、病院によってはそれ以上かかる可能性もあります。また結果を聞くときも、口頭で伝える病院や郵送で送る病院など異なります。

 

福岡県で新型出生前診断の検査をする場合には、まずどれぐらいの費用がかかるか知っておきたいところです。また、妊娠後いつまで検査が可能なのか事前に知る必要があります。結果が出るまでの日数も大切な情報なので、聞き忘れないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索