【2022年最新版】福岡の方におすすめしたい新型出生前診断(NIPT)クリニックを厳選ランキングで紹介します

福岡大学病院(新型出生前診断(NIPT))の口コミや評判

公開日:2020/10/01  最終更新日:2022/04/07

【詳細】
病院名:福岡大学病院
住所:福岡市城南区七隈七丁目45番1号
TEL:092-801-1011

福岡大学病院は口コミでも評判が高く、経験豊富な医療スタッフが在籍をしています。高齢で妊娠をした人や、染色体異常の子どもを出産した経験のある人が、新型出生前診断を受ける傾向が多くみられます。丈夫で健康な赤ちゃんを出産するために、検査を受けることで安心を得ることができるでしょう。基本的には保険適用外なので全額自己負担です。

夫婦でカウンセリングを受けてみよう

待望の赤ちゃんを妊娠したけれど、夫婦のどちらかが染色体異常などあり、胎児に影響がないかと心配する人は少なくありません。健康で丈夫な赤ちゃんを出産するために、新型出生前診断に関心を持っている人が増えています。

福岡の福岡大学病院は口コミでも評判が高く、清潔で落ち着いた雰囲気の内装やインテリアになっており、夫婦ともに心身をリラックスして話ができるので安心です。新型出生前診断を受ける際は、事前に電話などで予約を入れておくと、希望の日時に新型出生前診断を受けることができます。夫婦で一緒に行く場合、とくに共働きの場合は休みの日や空いている時間の調整が難しかったりしますので、新型出生前診断を受けると決めたら、早めに電話予約をして、カウンセリングの日にちを決めておくとよいでしょう。

来院する夫婦がどのような目的で新型出生前診断のカウンセリングを受けているかというと、妊婦さんの年齢が35歳以上だったり、過去に染色体異常の胎児を妊娠したり、出産を経験した人が対象です。それ以外にも、初めての出産で心配な人も少なからず新型出生前診断を受ける人もいます。心配な妊婦さんはもちろん、気になる場合はご主人も一緒に新型出生前診断を受けておくとよいでしょう。プライバシーが気になる場合であれば、福岡大学病院ではプライバシー保護を重視しているため、秘密を厳守してもらえます。

保険適用外なので全額自己負担

新型出生前診断を受けたいけれど、費用がどれぐらいなのか気になっている人が多いでしょう。妊婦健診は保険適用外のため全額自己負担となっていますが、自治体で費用がカバーできます。しかし、新型出生前診断は任意で受ける診断のため、こちらは自治体では費用がカバーされず、全額支払わなければなりません

検査の費用は20万円前後。福岡大学病院では新型出生前診断の費用を一括で支払う人が多い傾向にありますが、もし高額のため一括で払えないという人は、医療スタッフに相談をすれば分割払いにも対応をしてくれます。クレジットカードを使うことももちろん可能です。お会計時に分割払いなどの支払い方法を伝えるか、カード会社によってはあとから支払方法を変更できるので、確認してみるとよいでしょう。

待望の赤ちゃんを妊娠したけれど、胎児に染色体異常がないか不安を感じている人も多くいらっしゃいます。また、場合によってはせっかくのおめでたい妊娠なのにも関わらず、費用がなかなか捻出できず不安が募っている妊婦さんもいるでしょう。基本的に妊娠出産は保険適用外となってしまい、各種検査も高額な費用がかかってしまうこともありますが、福岡大学病院のような大きい病院であれば、保険適用外の検査も相談すれば分割に対応してくれることもありますので、恥ずかしがらず相談してみましょう。

出産前に検査を受けておくと安心できる

男女共に晩婚化が進んでいるので、35歳を過ぎてから妊娠を経験した人が少なくありません。20代の頃に比べ35歳を過ぎてから妊娠をすると、胎児に染色体異常のリスクが上がってしまいます。健康で丈夫な赤ちゃんを出産できるか、不安を感じている人が少なくありません。

福岡の福岡大学病院は主要な駅から利便性の高い立地にあり、広い駐車場が完備されているのでマイカーでも通院がしやすいです。電話やインターネットのWEB上、受付などで新型出生前診断の問い合わせをできます。基本的には保険適用外になっているため、ある程度のまとまった費用が必要です。

健康保険は適用されませんが、出産前に検査を受けておくことで安心することができます。高齢になってから妊娠を経験したり、過去に染色体異常の子どもを出産した経験のある人は、より不安を感じてしまいます。遺伝子の検査は、染色体異常の早期発見につながるでしょう。基本的には採血をすることで検査ができるので、妊娠中の女性でも体の負担が少ないです。

清潔で明るい雰囲気の個室で検査を受けることができるので、体の弱い人も安心できます。感染症対策を万全に行っているので、安心して通院できるはずです。現代は30代、40代を過ぎて赤ちゃんが欲しい人が増えているので、新型出生前診断を受けることが大事です。

 

待望の赤ちゃんを妊娠したけれど、染色体異常などが心配な人が少なくありません。福岡大学病院は口コミでも評判が高いので、安全性が高く、体に負担の少ない新型出生前診断を受けることができます。プライバシー保護を重視しているので、安心して通院できるでしょう。

 

その他:【福岡県】新型出生前診断クリニック一覧

医療機関名独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター福岡大学病院国立病院機構 小倉医療センター久留米大学病院福岡市立こども病院
住所福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号福岡県福岡市城南区七隈7丁目45番1号福岡県北九州市小倉南区春ケ丘10番1号福岡県久留米市旭町67番地福岡市東区香椎照葉5丁目1番1号
電話番号092-852-0700092-801-1011093-921-88810942-35-3311092-692-3456
カウンセリング
費用21万600円19万1,120円約21万円21万5,000円約23万
対応曜日月曜日・水曜日・木曜日・金曜日月曜日~金曜日月曜日・水曜日月曜日~金曜日火曜日
羊水検査費用保証不明不明
年齢制限
当日検査可能

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧